ブログ

これは、リーダーの教科書だと思う。

映画も面白い。
でも、原作はさらに面白く、そして深い。

僕たち自身の生き方や、考え方、
社会との関わり方を学べることはもちろんだけど、
注目すべきは、主人公ナウシカの、リーダーとしての振舞い。

2003年に出版された本だけど、
今の時代にこそ読まれるべき、リーダー論だと思う。

人を動かすリーダー術というよりも、
人が動かされる、リーダー術。
生き様、振舞い方、言葉、彼女の一挙手一投足に、
多いなる学びがあると感じた。

2017年、糸井重里氏が、代表取締役を務める会社
「ほぼ日」を株式上場させる時に発した言葉を
紹介しよう。

利益をたくさん出せればうれしいが、
それが第一の目標になるとずれていくと思う。
最短かつ最効率で利益を得る会社が、
人に喜ばれるとは思えない。

糸井氏は、次のようにも語る。

僕は、自分の利益を優先する資本主義の代わりに
なるものとして、自分を殺してでも人を生かすという
利他性がキーワードになるのかなと思っています。

「昔はよかった」というように利他性は
資本主義と対立させて考えられがちですが、
そうではなくて、混じっているのだと思います。
つまり、「自分がどれだけ利益を得られるか」を
考えることを休ませる知性が求められている、と。

利便性や経済合理性を最優先にする社会の辿り着く場所、
そこにはどのような未来が待っているのだろうか?

「すぐ役に立つことは、すぐ役に立たなくなる」

これは慶応義塾の塾長だった小泉信三さんの言葉です。

即時的、即物的な時間の流れを生きてしまっていると、
自分の心身もすり減っていくし、自分が関わる他者をも
すり減らしていっていることに気づけない。
そして、そんな自分の思考や行動が、ひいては世界をも
すり減らし、摩耗させていっているのかもしれない。

この本はそんな、とても大切なことに気づかせてくれた。

社長、リーダー、教育者をはじめ、
一人でも多くの人に読んで欲しいと思える一冊だと思う。

ワイド判 風の谷のナウシカ 全7巻函入りセット 「トルメキア戦役バージョン」 (アニメージュ・コミックス・ワイド版)