ブログ

こんにちは。
森憲一です。

第2回目は、

高い高い目標を達成するために必要不可欠な、「武器」のお話。

目標達成を目指す時、ましてや、高い高い目標の達成を目指す時には、当然ながら「武器」が必要だ。

ゲームで敵を倒し、ゴールを目指すために様々なアイテム(武器)が必要なように、仕事においても武器が必要です。

では、その武器とは何か?

それは、自分たちの会社の「魅力」。

だけど、ほとんどの会社では、自分たちの魅力について間違った認識をしてる。

自分たちの魅力。

つまり、自社の商品やサービスの魅力を、ほとんどの社員は、ちゃんとは知らない。

「お客さまは何故、あなたの会社から買っているのですか?」

僕はいつも、このように質問する。そうすると…

「他社よりも価格が安いからだと思います」
「営業マンが誠実だからだと思います」
「品揃えがいいからですかね?」

と、こんな答えが返ってくることがほとんどだ。

回答には「思います」という予測、推測の言葉が、必ずと言っていいほどくっついてくる。

ドラッカーは言う。

「自分たちが売っていると思っているものと、顧客が買っているものは、ほとんど違っている」と。

顧客は何故、自社の商品やサービスを買ってくれているのか?

その理由こそが、あなたの会社の「魅力」だ。

だけど、その「魅力」を、ほとんどの社員はちゃんと知らない。

これって、すごくもったいないと思う。

「自分たち的には、こう思う。」

じゃなく、

「顧客は、どう思っているのか?」

を問わなければ、永遠に回答は出ません。

「何故、私たちの会社から買ってくれているのですか?」

真摯に誠実に顧客に問いかけ、自社の魅力を知り、その「魅力」を更に伸ばすことで、目標達成へ向かう。

お客さまが、あなたの会社で買ってくれている理由、それはもちろん、お客さまに聞かなきゃ分からないよね。

でも実は、ここにも落とし穴がある。

「お客さまに聞いてみて下さい」というと、たいていの場合、アンケートを取るか、軽く聞くか、どちらかの行動を選択する。

だけど、これじゃ詳細な情報は得られない。

買ってくれる理由、買い続けてくれている理由を深堀りし、鮮明で詳細な回答を引き出すことで初めて、自分たちの魅力、それも顧客が感じている自分たちの魅力を知ることが出来るわけです。

誰もが知っている言葉「5W1H」という言葉ですが、トヨタでは、少し違う使い方をしているそうです。

トヨタの「5W1H」とは、

why?、why?、why?、why?、why?、how?

何故?を5回、問い続けたその先に、解決に向かう方法が視えてくる。

そんな意味で使われているそうです。

なんか、深いね。

 

何故、買ってくれているのか?

他社ではなく、自分たちを選んでくれる理由とは?

何度も購入し続けてくれている理由は何処にあるのか?

何度も何度も問い続けるその先にこそ、解決に繋がる道が拓けるあ。

高い高い目標達成のための武器、「自分たちの魅力」。

その答えは、お客さまの中にしかない。

武器を獲得し、その武器を磨き上げ、栄光のゴールを目指す。

「あなたの会社の魅力は、何ですか?」

答えは、いつも顧客の中にある。

↓こちらの動画は、ねくさみ勉強会で僕が参加者にフィードバックしている様子を編集したものです。よかったら、参考にしてみてください。