わずか半年で早期離職率86%から20%への改善した会社の事例を公開します!

シェアする

おはようございます。

今日も読者の皆さんに、重要な情報を提供させて頂きます。
それは、タイトルにある

「早期離職率86%から20%への改善!」

に急成長した会社が、11月19日(火)に行われる
ネクストワールド・サミットで事例発表します!という情報です。

本日もよろしくお願いします。

…と、その前に!?
ネクストワールド・サミット(以後ネクサミ)当日の情報ですが、
先日お知らせした11月19日(火)に行われるネクサミですが、

何と!?

嬉しいことですが、
チケットの残り枚数が20枚を切ってしまいました!!!

お急ぎでチケットのお申し込みをお願いします。

http://mshn.jp/r/?id=0e92l

さて、それではさっそく本題に!

「早期離職率86%から20%への改善」

という驚異的な成果を、
わずか半年で達成した会社、セルモ大分についてです。
セルモ大分↓
http://mshn.jp/r/?id=0e9n04
さて、「自社の強みと弱みについて教えて下さい」
経営者にこう尋ねると、

「瞬発力はあるが、持続力が足りない」
「勢いはあるけど、安定感がない」
「気合いと根性で頑張るんだけど、知識や技術が積み上がっていかない」

このように回答される方は非常に多いようです。
今回ネクサミでプレゼンして頂く「セルモ大分」ですが、
ネクサミ活動が始まったばかりの時、
彼らも同じ課題を抱えていました。

しかし、彼らの組織はこの半年間で極めて大きな成長を成し遂げました。
「知識や技術を伝承し、磨き上げ、積み上げていくことが出来る組織」
を作りたい!

気合いと勢いだけで成長してきた組織から、
「安定感のある成熟した組織」へと生まれ変わりたい!
そう考えている経営者にとって、
チーム・セルモ大分の事例は沢山の気付きを提供してくれることでしょう。
強い組織、持続的に成長できる組織を作るヒントが、ここにあります。
早期離職率86%から20%への改善。

プレゼンの中でも語られますが、
早期離職率が下がるということは、定着率が上がるということと同じです。
では何故、短期間でこのような改善が成されたのか?

大会当日もより詳しく解説しますが、今日はそのポイントを
簡単にご説明しましょう。
私がこれまで関わってきた約900社のコンサルティング事例を基に構築した、
「継続成長する組織の4つの仕組み」というものがあります。

それは、以下の4つです。

・居場所感
・憧れ、希望
・成長体験
・誇り、貢献

以上の4つの仕組みが、社内に構築されていることが、
多くの継続成長している組織の共通点だったのです。

「居場所感」とは、読んで字の如く
「会社を自分たちの居場所だと思える組織」のこと。

「憧れ、希望」とは、社内に憧れや希望がある組織。
例えば、あんな人になりたい、キャリアアップしたい、
この会社で長く務めたい…etc、社内に憧れや希望がある組織。

「成長体験」とは、
従業員が成長を実感できる環境が整備されている組織。

「誇り・貢献」とは、事業の目的、ビジョン、理念などが浸透し、
目指すべきゴールが明確化されている組織です。
セルモ大分の活動は、これら4つの要素すべてを取り入れた、
素晴らしい活動だったと言えるでしょう。

「継続成長の可能性を持つ、強い組織作り」という彼らの活動は今、
スタートラインにたったばかりなのかもしれません。

しかし、この仕組みを継続していくことで、彼らは
必ずや、成熟した、継続成長できる強い組織になっていくことでしょう。

セルモ大分の事例から、
「成熟した組織」になるための仕組みを学ぶことで、
多くの企業が継続成長の礎を築くことができるはずです。

明日は、

わずか半年で、お客さま集客件数を2倍!

という驚異的な成果を生み出した会社のご紹介です!

乞うご期待!
会場でお目にかかれますことを楽しみにしております!

最後までお読み下さってありがとうございました!

感謝を込めて