本の森001 小さき者へ 重松清(新潮文庫)

シェアする

同僚や上司、部下が理解できないと感じた時、
人間関係に迷った時、この本を読むと少し優しくなれる。
リーダーとして、上司として、よいチームを作りたいと思う人に、
いつもこの本をお勧めしている。
人は、みんな違う。
誰もがそれぞれの物語を抱えて生きている。
誰もが違う場所で生まれ、違う人生を生きている。
今、見えている「その人」の向こう側には、
私たちが知らない「物語」がある。
この本を読むと、少し優しくなれるような気がする。
アマゾンのリンク↓