本の森025 命売ります 三島由紀夫(ちくま文庫)

シェアする

痛快だけど、深い。三島由紀夫が好きになる本。

「身を捨ててこそ浮かぶ瀬もあれ」

この諺が、まさにぴったりハマる小説だった。

自分を捨ててこそ自由になれる。
しかし、「自分が自由になるために自分を捨てる」
という行為は、自分を捨ててはいない。

何も考えず、自然と、
あるいは結果として自分を捨て去った時、
人は自由を手に入れる。

無理だろう、普通は…。

無の境地に辿り着くために修行したブッダ。
武士道を極めようとした宮本武蔵。
超人の領域だ。

死を覚悟し、受け入れた瞬間なら、
我々にも可能性があるかもしれない。

でも、それは遠い。
僕たちは、生に執着する。
欲望に執着する。
自分に執着する。
自由を求め、支配されることを拒む。

だけど一方で、僕たちは、流され続けてる。
無意識に無防備に、時代に、世間に流され続けてる。
そこには「自分の意思」なんてないように見える。
自分の意思があるように見えて、実はほとんどの人が、
「意思」について語ることさえできないから。

だからね…
僕たちに意思などない、そうも思えるわけです。

だけど、僕たちは自由じゃない。
いや、自由だとか不自由だとか、
そんなことさえ意識していないのかもしれない…。

自由に生きるって、魅力的な言葉だけど、
なかなか大変だって思った。

そして、三島由紀夫という大作家もまた、
自由に生きるっていうことについて、
深く深く、考え続けていたんだなーってことが、
この本を読むことで少しは理解できたような、
そんな気がする。

さてさて、この本の解説がまた面白い。
ちょっと引用するね。

三島由紀夫「命売ります」の解説「種村季弘」
重力の法則が支配している地上にしばりつける「自分の意思」とやら、
つまりは人間の重荷である自我をあっさり放棄してしまえば、
この世に束縛するものは何もなくなる。突然あたりは無重力空間と化し、
彼は熱気球のように無限の虚空を漂遊しはじめる。
あの「何ものか」に命をあずけたとき、
逆説的にも無際限の自由の感情が生まれたのである。
命は鴻毛のように軽く、私は無だ。
だから私は、無のように自由だ。全能だ。
(中略)
すなわち、武士道とは死ぬことと見つけたりの「葉隠」の美学。
あるいは命を鴻毛の軽きにたとえた
(戦中の特攻隊員を鼓舞した)滅私奉公の思想こそが金無垢の中身であって、
ハードボイルドはかりそめの舞台装置に過ぎないのではあるまいか。
命を捨てて自由を気取っていても、所詮は人間。
死を恐れ、孤独を恐れ、凡庸な性に対する飢渇に近い憧れの感情。
小説家三島由紀夫の魂の告白があると思えてならない。

うーん、奥深い…。

ここから買えます↓
命売ります (ちくま文庫)

◆参考文献

身を捨ててこそ浮かぶ瀬もあれ
[意味] 一身を犠牲にするだけの覚悟があって初めて、活路も見出せる。
[解説] 和歌や川柳から出たことわざは少なくないが、これもその一つ。
空也上人(くうやしょうにん)(903~972)の作と伝えられる
「 山川の末に流るる橡殻も 身を捨ててこそ浮かむ瀬もあれ」
(山あいの川を流れてきたトチの実は、
自分から川に身を投げたからこそやがては浮かび上がり、
こうして広い下流に到達することができたのだ)
(『空也上人絵詞伝』)
という歌が出典。
「浮かむ瀬」は原歌では、仏の悟りを得る機縁、成仏の機会の意だが、
これを窮地から脱して安泰を得るという、世俗一般のこととして、このことわざは使われる。
自分を大事と思って、我(が)に執着していてはなかなか道は開けてこないというのである。
(『成語大辞苑』主婦と生活社)
http://www2.odn.ne.jp/kotowaza/00-HP/sub26~/sub30/sub30-1-miwo-sute…