人生はドラマです。

誰だって、数え上げればキリがないほどの感情の波に揺られて今を生きています。そう、ドラマとは一人ひとりが持っている「違い」であり、これまで生きてきた物語です。そして、さらに、一人ひとりの「存在価値」でもあります。

ドラマティック★マネジメント(ドラマネ)とは、一人ひとりが持つ「違い」に気づき、そこに「存在価値」を見出し、仲間のドラマに共感し、憧れを抱けるようなドラマティックな組織を創ること。すると、チームとなって高い目標に向かって果敢に挑戦するようになる。そんな、魔法のようなマネジメント手法なのです。

まえがき

目次

はじめに

Chapter 1
上司(リーダー)が、社内あるドラマ(物語)に気づく

  1. 誰にでも、ドラマがある
  2. 部下のドラマに思いを馳せる
  3. 一人ひとりからドラマを引き出す方法
  4. ドラマの語り方 ― 絆を強くする方法
  5. ドラマを引き出す受信力を高めるために
  6. 「なぜ、その仕事を頑張れるのか?」を理解する
  7. やる気の原点は過去にある
  8. モチベーションは「動機」を見つけることから
  9. モチベーションの土台をしっかりさせる
  10. 人は誰もが認められたい
  11. 「過去と現在」に注目して「未来」に期待する 

Chapter 2
ドラマにあふれた最強の組織(チーム)を創る

  1. ドラ★マネ ドキュメント「チームで目指す仕掛け」
  2. 仕事を部活化する ― 社員が熱狂する仕組み
  3. みんなで目指す、大会を作ろう!
  4. ドラマをすくい上げる方法
  5. チームに名前をつける
  6. 自分たちをドラマの主人公にしてみる
  7. アルバイトも熱狂する仕組み
  8. アルバイトも熱狂する仕組み ☆ その1
    アルバイトという呼び方をやめてみよう!
  9. アルバイトも熱狂する仕組み ☆ その2
    全員の前で、戦友化を宣言しよう!
  10. アルバイトも熱狂する仕組み ☆ その3
    アルバイトに、相談してみよう! 
  11. アルバイトも熱狂する仕組み ☆ その4
    卒業というドラマがあるから、熱狂できる
  12. アルバイトも熱狂する仕組み ☆ その5
    卒業してからの付き合いも大事にする 

Chapter 3
ドラマから冷めない仕組みを創る
― 職場からヒーロー、ヒロインを生み出す

  1. 未来の自分に、憧れを
  2. 表彰の工夫で憧れができる
  3. さらに永年勤続表彰を憧れの場に
  4. 入社式で昨日のジブンに憧れを
  5. 社内報の仕掛け
  6. 働きがいを感じる魔法の仕掛け
    ― 会社映像のスズメ 

おわりに

ドラマティック★マネジメント

アルバイトも熱狂して働き出す
ドラマティック★マネジメント

好評発売中!!

かんき出版
1,512円

© Copyright 2018 3rd Stage Consulting. All Rights Reserved.

PAGE TOP