代表挨拶

シェアする

231113mori015
はじめまして、サードステージ・コンサルティング代表の森 憲一と申します。この度は、私共のサイトに訪れていただきまして、誠にありがとうございます。

当社は、『社員がイキイキと働きながら、高い高い成果を目指し、達成し続けていく』そのための仕組みを作り、実践を重ね続けて13年が経つ小さなコンサルタント会社です。

実績としては、別ページにも挙げておりますが、私たちが目指すのは「この会社で頑張りたい」と思える組織作り。やらされ感でなく、一過性な成果でもない「イキイキ」と「成果を目指したい!」と思える組織を作ること。

社長も社員も「誰もが輝く善い会社」を目指しているからこそ生まれる圧倒的な成果。そのための仕組みを一緒に作らせてっていただいております。

そこに多くの方が共感をしてくださり、当社の仕組みは、明治大学の「サービス創新研究所」をはじめとする方々で研究が重ねられ、今では大企業でもこの仕組みを導入していただき、私たちも多くの有識者の方々と日々研究を重ねております。

IMG_0815

この「イキイキと働く」「圧倒的な成果」という言葉。私の講演テーマにはこの2つの単語が入っていることが多いのですが、思いの外、ここに関心を持たれていると伺います。きっとそれほど「楽しんで高い高い成果を達成することが困難だ」と思わていることでしょう。

そう、もちろんその通りです。私も、すぐにそんな会社に変われるとは言いません。しかしそれでも尚、理想とも思えるこんな組織を目指したい!そう決意して臨まれる社長の会社はそんなに時間のかかるものではないと、これも断言しています。こうして、一社一社の社長と従業員の皆さまのチカラと想いが、今日に繋がっているのだと感じています。

そもそも業績が上がる理由は一つしかありません。それは従業員の一人一人が「売上げを上げなきゃ!」ではなく「業績を上げたい!と思っている」こと。

社長のビジネスセンス、先代のチカラ、時代性、先見性、ヒット商品…ビジネス成功の要因は様々ですが、私たちがお手伝いできることは「従業員一人一人が、業績を上げたい!」と思う仕組みを作ること。しかも「イキイキと働く」組織を作ること。ただそれだけです。

1(6)

社長の思い描いた会社の未来に、従業員の心をどう動かしていくのか。

このように書くと従業員の皆さんは快くないかもしれませんが、社員さんもパートさんも、誰もがやらされ感でなく、イキイキと働きたい。高い目標を目指したい。会社から必要とされ、会社の未来に希望を感じ、お客様に、地域に、社会に貢献していきたいと誰もが願っている。私たちはその前提で「良い会社づくり」を考えています。

だからこそ、会社は、社長はその気持ちに応える。従業員一人一人のチカラを最大限に引出す。そのための仕組みをつくる。ただそれだけ。これが、私たちが唯一お手伝いできることなのです。

弊社には、たった2人の小さな会社から、3万人の大きな会社まで。またバリバリのベンチャー企業も、5代6代と続く、150年以上の老舗の会社も…多くの方がいらっしゃいます。また労働集約型事業もIT企業も、年齢構成も、何もかもが違う様々な会社とお取引させていただいています。

しかし唯一の共通点は「社員の成長を願っている」こと。「社員の成長こそ、会社の成長だ」と思っていること。この価値観だけが一緒であれば、こうした多様性こそ、数多くの面白い実績に繋がっていることも確信しています。

3gaiyo

『イキイキと高い成果を目指すことを通じて、善い会社を目指す』

会社として、社長として、どのような経営計画を立て、戦略を立て、仕組みを設計すれば良いのか。どのようなコミュニケーション(働きかけ)で人が快く動くのか。どのようにリーダーを育てればいいのか…。社長の課題は山積みですが、従業員の成長に興味のない社長、儲かれば手段は問わないという社長以外の方は、ご遠慮なく是非、不定期に行なわれる弊社のセミナーへお越し頂ければ幸いです。コレまでの経験を基に、皆さまの事例を具体的にお伺いしながら、少人数で開催しております。

誰もが輝く善い会社をつくりましょう。

感謝とエールを込めて
森 憲一

代表プロフィール

121130_0917森 憲一
サードステージグループ代表

「人を活かす経営」コンサルタント
(株)サードステージコンサルティング代表取締役
(社)日本経営イノベーション協会理事
明治大学サービス創新研究所副所長

これまでに1000社以上の企業に関与。圧倒的な業績アップを手がける一方で、会社への帰属意識や社長の想いに共鳴する仕掛け作りなど、企業における『想いと算盤』の両立を目指すコンサルタントとして話題を呼んでいる。

また、企業の「管理部」「総務部」を対象にした『稼げる総務の仕組み』では、管理部(総務部)に数字目標を持たせることで、一人一人のやる気が向上。業績に繋がる部署への変貌を果たし、『社内一枚岩』を目指す体制が創られている。

また、2011年から続く、「ネクストワールド・サミット」の代表コンサルタントをつとめ、異業種他社の全く違う会社の従業員同士が学び合い、驚異の成果を生み出す仕組みを確立。延べにして140社が参加している。

こうした数々の手法が多くの従業員を巻き込み、行動させ、驚異の業績を上げる異色のコンサルタントとして、大学と共同研究されているテーマが多数(筑波大学/同志社大学/ハワイ大学他)多数で学会発表がなされている。

N8A3994

121130_0101