2018年4月

本の森063 ツナグ 辻村深月(新潮文庫)

亡くなってしまった人と、たった一人
だけ会うことができるとしたら、誰に
逢いたい?

「おばあちゃん」

妻がそう言った。

でも次の瞬間、

「でもやっぱりいいや」
「どうして?」
「逢うと、もっと寂しくなるから」

「不在」の圧倒的存在感。

もうここにいない、ということ、
もう二度と逢えない、ということ。

覚悟を決めたはずなのに、
再び逢ってしまうと、その不在を
さらに鮮明に意識しなければならない。

だから、「寂しい」と言ったのだと思う。

だけど、この本の中の登場人物たちは、
それぞれ、様々な反応を示す。

死者と再び逢ったことによって、
生きる勇気を得る人もいれば、
その「不在」を背負って生きる重さを
知り、呆然と立ち尽くす人もいる。

でも、いずれにしても死者と再会する
ことを通じて、人々は人生を生きる
ことをもう一度考えることになる。

たまたまだけど、僕の周りには
葬儀関係の方々が多くいる。

だから、というわけではないけれど、
葬儀という儀式は、ある意味では、
「不在」の圧倒的存在感を感じて、
生きている人たちが「生きること」
についてもう一度考えるための儀式
として、あるいは、葬儀そのものが、
この物語で言う「使者(ツナグ)」の
役割を担っているのかもしれないと、
考えさせられたわけです。

辻村深月の世界は、面白いな。

ツナグ (新潮文庫)


本の森062  かがみの孤城 辻村深月(ポプラ社)

本の森062 かがみの孤城 辻村深月(ポプラ社)

電車の中で、涙を隠したのは久しぶりだった。 2018年本屋大賞受賞作。たまにはそんな、 メジャーでタイムリーな小説も読んでみよ うかなと、軽い気持ちで手にとった本。 だけど、ヤラレタ…。 完全に、この小説に魅せられてしま […]

Read More
本の森061  皆月 花村萬月(講談社文庫)

本の森061 皆月 花村萬月(講談社文庫)

この小説には、「人生」がある。 もしかしたら、僕たちにはあまり縁が ない人生かもしれないけれど、でも、 確かに「生きている」主人公たちの、 壮絶な人生の物語が、ここにはある。 この、凄まじくも愛おしい彼らの人生の 中に、 […]

Read More
本の森060 ちょっとした貼り紙

本の森060 ちょっとした貼り紙

  小さなことかもしれないけれど… お客さま目線でサービスを考えるって、 こういうことなのかもしれないって思う。 もちろん、これだけが正しいということじゃ ないけれど、でも、こういう発想って大事な んじゃないか […]

Read More
本の森059  レベル7 宮部みゆき(新潮文庫)

本の森059 レベル7 宮部みゆき(新潮文庫)

正論は、誰も幸せにしない。 正論は、伝わらない。 でもね。 正論はやっぱり正しい(当たり前だけど) でも、正しいことなのに伝わらないのはなぜだろう? それは… それを(正論を)言う人が、相手に対して 「こっちは正しくて、 […]

Read More